経費削減のために人員を減らしたり、無駄がないように電気を節約するなど努力をしている企業が多い中、仕事で使う複合機を見直すことで大幅に経費を削減することができたという企業も少なくありません。

複合機といえば今やどの業種においてもなくてはならないOA機器のひとつではないでしょうか。印刷機能はもちろんですが、パソコンやファックスなどと連動して使うことができるため、仕事の効率アップには欠かせません。

しかし、新品を導入するとなると決して安い買い物ではないため躊躇するケースが多いのです。そこで中古の複合機が人気になっているというわけです。中古と言ってもしっかりメンテナンスがされているので、業務に支障なく使えます。中古の複合機も購入するか、それともレンタルするかによって経費の影響も違いが出てきます。

中古の複合機を購入する場合、新品に比べると格安な値段で購入できます。複合機のレンタルは機器そのものが中古ですが、レンタル途中で他の機種に変更することが可能です。毎月格安な料金で契約できるほか、いつでも契約を解除できる、いつでも他の機種に変更できるという大きなメリットがあります。

中古の複合機を導入する場合は、購入するよりもレンタルがお勧めです。